薬剤師の仕事とは

ここ最近の傾向として、薬剤師に憧れているという人が増えていますね。
薬剤師は高収入であり、かつ安定しているということで大変人気が高まっています。

例えば大会社に勤めており安定していると思ってても、その会社が倒産してしまったりあるいは会社から戦力外通告をすることも珍しくない世の中です。その中で、自分の専門的なスキルと能力を駆使して活躍するというスタイル(いわゆる「手に職」ということですね)が注目されているということです。しかも、薬剤師は高収入で張ることも多いということでさらに人気があるというのです。

それでは薬剤師の仕事について少し説明をします。薬剤師の仕事を一言で言い表すならば、患者さんに適切な薬を提供することで患者さんの健康に寄与する、ということになります。

その手段として最も多いのが、医薬品(処方薬)の調剤でしょう。薬剤師を多く見かけるのは調剤薬局だと思いますが、その調剤薬局で薬の調剤をすることになります。外来で医師に診てもらった患者さんが医師によって薬が必要だと判断されると、医師から処方せんが発行されます。その処方せんを薬局に持っていき、薬剤師に提出し、薬剤師がそれを基に薬を処方するというしくみになっているのです。

処方する薬の形状は様々です。錠剤などは計数すればよいのですが、その他に、シロップ剤や粉薬、混合する塗り薬などは調合をしなくてはなりません。それを行なうのも薬剤師の仕事です。もちろん間違いがあってはなりませんので完璧にこなすという責任もあります。その際は、前提として処方箋に乗っ取って調剤をすることになるのですが、処方せんが100%正しいという訳ではありませんので、薬剤師の方でも処方内容に問題がないかどうかは確認する必要があります。
薬剤師求人 横浜

その際に難しいのが、医師は患者さんを診察して処方せんを発行しているわけですが、薬剤師は患者さんの症状を詳しく聞いているわけではありません。処方箋の内容や患者さんの薬歴からだいたいの病状は推測できるものの、正確には患者さんに確認してみないと分からないのです。

そのため、処方した薬を患者さんに渡す際に患者さんの病状を確認することになるのですが、患者さんからすると「お医者さんに説明したのにまた薬剤師にも説明するのか?」という不満を抱くことがあるということです。また最近は、プライバシーに敏感になっていることもあり、隣と立て板1枚で分けられただけのスペースでは病状は伝えるのが苦痛だという患者さんも増えてきています。

そのため、いかに患者さんの心理的負担なく病状を正しく把握しそれに適した薬を渡すことができるかと言うことも最近は薬剤師に求められるコミュニケーションスキルとなっています。

なお、最近では高齢化に伴い一包化調剤といって錠剤をヒートから出して一袋にまとめるという希望が多いのでその監査なども仕事の一つとなっています。きちんと袋の中に薬が入っているか異物が混入していないかなど一つ一つチェックをしています。ここでも正確性が問われます。
そのほかにも薬剤師の仕事は数多くあります。そのため人材不足も深刻な問題となっています。大学6年制の改革も落ち着きつつあり、薬学系の大学も増えましたので、薬剤師の不足も解消できるのではないかと思われます。
薬剤師求人 名古屋